有意義な日常をナンセンス化する。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
クロムモリブデン『スチュワーデスデス』観劇。

予想通りに予想以上だった。
少年社中に出会った時以来の衝撃。
なんだ、演劇も捨てたもんじゃないじゃん。

年明けにもう一回くらい観ときたい。



師走をひしひし実感中。
ここ一週間、酒を飲まない日がほとんどなかったっていう。って、いう。

今年はあんまりブログ書かなかったなあ。
来年はもうちょい書きたい。あくまで、希望。
【2007/12/29 Sat】 日常 // トラックバック(0) // コメント(0)
@ザ・グローブ・プロジェクトvol.3

無事、終演いたしました。
観にきてくださった方々、ありがとうございました。



この歳で東京グローブ座に立てるとは思わなかった。
いやそれ以上に、かのブルースカイ氏の作演に役者として参加できるとは、よもや考えもしなかった。高校時代に所属していた劇団ひだりうちわで「絶望居士のためのコント」を上演したことがキッカケでブルースカイ氏を知ったのだが、もともとナイロン100℃のようなナンセンス劇が好きだったため、今回の「守ってください」は本当に俺好みの脚本だった。圧倒的に面白すぎる。ジャニーズファンのお客さんの中には「何これ? 滅茶苦茶じゃん」みたいな感想を抱かれた方も少なくないと思うし、そもそもナンセンスコメディは一般受けが難しい。しかしそんな中、笑いもとれていたしお客さんの反応も良かったんじゃないかと思う。

あのキャパで笑いをとるのって、気持ちよすぎだよ本当。

役数が全キャストの中で一番多く、早着替えがそれはもう大変で大変で。全員で出るのを除いても、ジャガー兄→解説者→ジャガー兄→オタク→楽隊→ボディーガード→カップル→ジャガー兄と着替えをしながら、下手から上手に回るために30段くらいの階段を降りて楽屋廊下を通過して再び階段を上がるなど、上演中はもはや芝居をしているというより着替えをしているって感覚に襲われてしまい、1ステ終わるたびに「ふぅ、今日もたくさん着替えたな」という実感に浸るほど。しかも主役じゃないのに、ほとんど出づっぱり。そのおかげでジャガー兄→解説者の着替え時間が55秒しかなくて、はけた瞬間に衣装さんとヘアメイクさんと俺の3人がかりで着替えと髪セットをして、息つく暇もないまま移動式ワゴンに乗り込むという感じだった。

そういえば移動式ワゴン、これも新鮮だった。自分の足で舞台上に出現・退却しなくてもいいってのは、なんか、うんなんか、すごいと思う(笑)

メインの役はジャガー兄ということになっているのだが、個人的にはカップルが一番の魅せ場だったと思っている。まぁほとんど素だけどね。しかし感想をきくと、オタクの人気が異様に高い。ってかもはやオタクじゃないだろうあれ。オタクはアドリブ多いし共演者のY君を素笑いさせようと必死だったから一番遊べて楽しかったけど、かなりの体力を要した。稽古で痣を作る原因になっていた解説者の乱闘シーン以上に疲れる・・・。でも楽しいから良いや。



つづく・・・
【2007/12/04 Tue】 演劇 // トラックバック(0) // コメント(0)
俺はなんで芝居をやってるのか。
脚本演出をやる理由は明確に自覚しているんだけど、役者とか演劇全般に携わる理由、それもこじつけじゃない理由は、正直よく分からなかった。というより、分からないままで別に問題が無かったから、そのままにしておいた。それで悩んだ記憶も特にない。

でも今日気づいた。いやにあっさり気づいた。

もったいないからだ。

芝居を始めてからもうすぐ6年。たかだか6年の間で、芝居と引き換えにいろんなものを犠牲にしてきた。そりゃあ勿論、得たものだって数え切れないほどにあるし大きさだって半端ない。でも、失ったものがあまりに多い。そんで、そんな感じで犠牲が出ている分、辞めるわけにはいかない、だってそれは、なんかもう本当、もったいなさすぎる。それに「絶頂の満足」を得ることは決して不可能だ。満ちることも足りることも絶頂が訪れてくれない。だから得たものを引っさげて引っさげて引っさげて、もったいない根性で芝居を続けていくんだろうと思う。

最終通し、終わりました。
総勢80名以上のスタッフさんに支えられて、ここまで来ました。感謝なんて言葉で片付けられるほどに軽くない。全然。

この座組も1週間で解散すると考えると、寂しくて堪らない。早い早いぞ早すぎる。

演劇の怖さの1つに「見られる恐怖」ってのがあると思っている。それは何も緊張するとかの話ではなく、もっと根源的なレベルのことなんだけど、まぁ詳しいことは置いといて、とにもんくにも、1度に700人以上に見られるってのは、そりゃあもう怖いんだろうよ。せいぜい怖い思いに浸らせてもらおう。



明日、小屋に入ります。
【2007/11/26 Mon】 日常 // トラックバック(0) // コメント(0)
チケットを予約してくれた方の大半が、チケットを取れなくて観劇できないという事態になった。

予想をはるかに上回る売れ行きのせいらしいが、楽しみにしてくれていた方にいかんせん申し訳が立たない。

だから誓う、この現場で得たものは絶対に絶対に死んでも次につなげます。次の舞台、観にきてください。
こう言うのは、それだけやはり、この舞台は観てもらいたかったし、観に来てくださるつもりだった人が観れないっていうのは、なんか、俺の力ではどうしようもないことだけど、それでも、悔しくてたまらないから。



しかしまぁ、普段はチケット売らないとーうあーやべーって感じなのに、まさか売りたくても売れない日が来ようとは。商業演劇ってすげーわ。つくづく。



小屋入りまで1週間切って、通し稽古もはいってきた。まだ演出家の世界を体現できていない。多分、俺も存在していないんだろう。でもさ、いよいよだ、ほんと言葉通り丸一日稽古場にいる日が続いて疲労度も相当だけど、やべぇよやべぇ、かなり、うん楽しい楽しすぎる。
【2007/11/20 Tue】 日常 // トラックバック(0) // コメント(0)
早稲田祭、無事に終わりました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!


さてさて稽古が忙しくて、ろくに告知してませんでした。

この度、ジャニーズ事務所主催の舞台に出演することになりました。一流のスタッフ陣にかこまれながら、負けじともがいています。しかも脚本・演出は、かのブルースカイ氏。高校時代に劇団ひだりうちわで氏の脚本をやったので、そういったことも踏まえて役者として参加できることに喜びひとしおです。

今までの人生で一番大きな舞台なんで、ぜひぜひ観にきてほしいです。



@ザ・グローブ・プロジェクト vol.3

「恋愛模様」 「守ってください」
※1公演で2作品ご覧いただけます。

2007年12月1日(土) 開演時間 13:00 / 18:00
     2日(日) 開演時間 13:00

【会場】東京グローブ座
〒169-0073 東京都新宿区百人町3ー1ー2

【作・演出】西田征史(恋愛模様)
     ブルースカイ(守ってください)

【出演】町田慎吾 米花剛史 
    (※学生キャストは後日公開)

【チケット料金】 S席:1,500円 A席:1,200円 (全席指定/税込)

【チケット発売情報】 発売日 : 2007年10月27日(土) 10:00~
受付電話番号 : チケットぴあ
0570-02-9999 (Pコード : 380-821)
0570-02-9988 (演劇専用オペレーター)
Pコード : 380-821

【お問い合わせ】 @ザ・グローブ・プロジェクト事務局
         東京グローブ座 : 03-3366-4020

【主催】ジャニーズ事務所 早稲田大学演劇博物館

http://www.globe-project.com/



ご予約、お待ちしています!

ほんと観にきてくだせー!!
【2007/11/10 Sat】 演劇 // トラックバック(1) // コメント(0)
BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 演者之日記帳・真輝 all rights reserved.
PROFILE
たかぴこ
  • Author : たかぴこ
  • 富山で芝居やってて、今は上京して大学生です。文学部の3年生。

    「サイバー∴サイコロジック」
    「参加型演劇ユニット:プロジェクト☆ホーク」
    「映画製作ユニット ミヤオ・カピコ」
    いろいろ主宰してます。


    大学では「早稲田大学演劇倶楽部(エンクラ)」と「怪獣同盟」に所属。

    役者がメインですが、趣味で脚本や小説も書いてます。音楽は幅広く好き。多趣味。

    ★好きな劇団
    クロムモリブデン・ナイロン100℃

    ★好きな作家
    阿部和重・中村文則



    椎名林檎>東京事変
    Tommy february6>the brilliant green
    YUKI≒JUDY AND MARY
  • RSS1.0
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。