有意義な日常をナンセンス化する。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
昨日放送された「新選組!! 土方歳三・最期の一日」の感想。

半年以上心の中で増幅していた期待に、十分応えてくれる出来だった!

正直、前半はやたら説明くさい「新選組の過去に関するセリフ」が頻発して不自然すぎで、面白くなかった。本編では出てきていない相馬や市村に対する印象が薄いせいで彼らに感情移入しにくかったり、榎本武揚の配役が草剛から別の人に変わっていたりと色々不満な要素もあったけれど、土方が榎本に会いに本陣へ赴いてからのストーリー展開は当に見事の一言に尽きる。特に土方と榎本の対談は深い。とことん深い。最終的に榎本へ近藤の姿を重ねている土方が強く印象に残った。序盤では武田みたいに嫌な奴としてのスタンスだった大鳥圭介が、土方・榎本の作戦会議の後、完全に味方側に反転して土方に思いを託す場面は、本編の「仲間を殺しまくる」新選組内部の陰鬱な精神的相関関係とは真逆な雰囲気を作りだしていた(ぶっちゃけ、ラストで大鳥が裏切るのではと疑心暗鬼になってたほどだが、そうならなくて本当に良かった・・・)。新選組の未来を土方から預けられた島田の葛藤と奮闘ぶりも、土方達に負けない熱いものがあった。そして、要所で空に掲げられる、ぼろぼろになった誠の旗。このシーンに「新選組!!」の全てが凝縮されているように思えた。
土方が兵の志気を上げた途端に銃弾に倒れるシーンは、普通に考えれば間抜けになってしまう危険もあるが、そこは巧みな演出、というよりストーリーの流れの巧妙さによって、間抜けどころか、土方の思いと大きな時代の流れ、言い換えれば観念と現実が正面衝突を起こしたかのような鋭い落差が生まれて引き込まれた。土方の戦死の伝達を受けた各々の反応もこれまた涙を誘われる。地図台をひっくり返し泣き崩れる大鳥、土方と共に眺めた北海道の広大な大地をじっと見据える榎本、涙を流しながら生き続ける決意をする新選組古参の者たち。後半の一連のストーリーは密度の濃い内容となっていた。

思うまま書いてみたけど、賛美しすぎだ(笑)。ファンの戯言なので適当に流してください。個人的には戦のシーンが少なかったのは残念だった。あと相馬の扱いがひどい。新選組最後の局長なのに土方との絡みがほとんど無いのは可愛そう。。。

とにかく、半年以上楽しみにしてた甲斐はあった。大満足。

ところで、裏番組で「古畑任三郎」と「里見八犬伝・後編」を放送するのは、他の放送局同士とは言えどうかと思う。役者が重複してるだけじゃなく、脚本家までかぶってるじゃないか。三谷幸喜は自宅でどちらを観たのだろう(笑)。
事前に調整すればいいのに、それは無理なのか、偶然なのか、はたまた故意に仕組まれたものなのか。
いずれにせよ、古畑を観て新選組!!を録画した俺は、里見八犬伝の後編を見逃しすはめになった。前半は観たのに。。。誰か録画してたら貸して下さい・・・
スポンサーサイト
【2006/01/04 Wed】 日常 // トラックバック(1) // コメント(4)
あけましておめでとう!俺は里見八犬伝見たよ。後編悪くなかったけど、あえて見るほどの価値も無く・・・予想どおりのストーリー展開・・・あっけない結末・・・って感じだった。所詮、庶民の視点からの判断だけど。録画していた人見つかるといいね♪
【2006/01/04 Wed】 URL // 柳楽祐平 #- [ 編集 ]
まぁ、原作が「勧善懲悪」の原点みたいなもんだから、現代人にとってはありきたりに感じるのは否めないんじゃないかな、観てないから何とも言えないけど。ってか、新選組は別の日に再放送してたよ・・・(笑
【2006/01/10 Tue】 URL // 浦沢輝 #X.Av9vec [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。確かに私のHNの由来はあなたのおっしゃる通りです。なかなか返事できずすみませんでした。
ところで朝日新聞の三谷幸喜のコラムに、彼も八方手を尽くしてかぶらないように努めたんですが、結局失敗し、自宅ではどちらも見ずに犬の散歩でもするだろうと書いてありましたよ。
【2006/01/15 Sun】 URL // 御起立 #- [ 編集 ]
そうなんですか! やはり彼も苦闘してたんですね。どちらも見ないという所が凄い・・・。貴重な情報ありがとうございます
【2006/01/16 Mon】 URL // 浦沢輝 #X.Av9vec [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する
http://hawk86.blog16.fc2.com/tb.php/98-c9efaf90
キーワードは「ヌエ」(超長文に;;;)  【2006/01/04 Wed】
「新選組!! 土方歳三 最期の一日」の落ち着いてからの
[ マイファシナシオン2☆ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 演者之日記帳・真輝 all rights reserved.
PROFILE
たかぴこ
  • Author : たかぴこ
  • 富山で芝居やってて、今は上京して大学生です。文学部の3年生。

    「サイバー∴サイコロジック」
    「参加型演劇ユニット:プロジェクト☆ホーク」
    「映画製作ユニット ミヤオ・カピコ」
    いろいろ主宰してます。


    大学では「早稲田大学演劇倶楽部(エンクラ)」と「怪獣同盟」に所属。

    役者がメインですが、趣味で脚本や小説も書いてます。音楽は幅広く好き。多趣味。

    ★好きな劇団
    クロムモリブデン・ナイロン100℃

    ★好きな作家
    阿部和重・中村文則



    椎名林檎>東京事変
    Tommy february6>the brilliant green
    YUKI≒JUDY AND MARY
  • RSS1.0
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。