有意義な日常をナンセンス化する。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
俺はなんで芝居をやってるのか。
脚本演出をやる理由は明確に自覚しているんだけど、役者とか演劇全般に携わる理由、それもこじつけじゃない理由は、正直よく分からなかった。というより、分からないままで別に問題が無かったから、そのままにしておいた。それで悩んだ記憶も特にない。

でも今日気づいた。いやにあっさり気づいた。

もったいないからだ。

芝居を始めてからもうすぐ6年。たかだか6年の間で、芝居と引き換えにいろんなものを犠牲にしてきた。そりゃあ勿論、得たものだって数え切れないほどにあるし大きさだって半端ない。でも、失ったものがあまりに多い。そんで、そんな感じで犠牲が出ている分、辞めるわけにはいかない、だってそれは、なんかもう本当、もったいなさすぎる。それに「絶頂の満足」を得ることは決して不可能だ。満ちることも足りることも絶頂が訪れてくれない。だから得たものを引っさげて引っさげて引っさげて、もったいない根性で芝居を続けていくんだろうと思う。

最終通し、終わりました。
総勢80名以上のスタッフさんに支えられて、ここまで来ました。感謝なんて言葉で片付けられるほどに軽くない。全然。

この座組も1週間で解散すると考えると、寂しくて堪らない。早い早いぞ早すぎる。

演劇の怖さの1つに「見られる恐怖」ってのがあると思っている。それは何も緊張するとかの話ではなく、もっと根源的なレベルのことなんだけど、まぁ詳しいことは置いといて、とにもんくにも、1度に700人以上に見られるってのは、そりゃあもう怖いんだろうよ。せいぜい怖い思いに浸らせてもらおう。



明日、小屋に入ります。
スポンサーサイト
【2007/11/26 Mon】 日常 // トラックバック(0) // コメント(0)
管理者にだけ表示を許可する
http://hawk86.blog16.fc2.com/tb.php/232-5478d3c0
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 演者之日記帳・真輝 all rights reserved.
PROFILE
たかぴこ
  • Author : たかぴこ
  • 富山で芝居やってて、今は上京して大学生です。文学部の3年生。

    「サイバー∴サイコロジック」
    「参加型演劇ユニット:プロジェクト☆ホーク」
    「映画製作ユニット ミヤオ・カピコ」
    いろいろ主宰してます。


    大学では「早稲田大学演劇倶楽部(エンクラ)」と「怪獣同盟」に所属。

    役者がメインですが、趣味で脚本や小説も書いてます。音楽は幅広く好き。多趣味。

    ★好きな劇団
    クロムモリブデン・ナイロン100℃

    ★好きな作家
    阿部和重・中村文則



    椎名林檎>東京事変
    Tommy february6>the brilliant green
    YUKI≒JUDY AND MARY
  • RSS1.0
CATEGORY
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACKS
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。